U&K研究所へようこそ。ここでは美容・食・生活に関する様々なことを皆さんと共有できたらと思っています。覗いて見てください~(゜゜)/

U & K 研究所

生活

健康のため正しい靴選びを

世の中には様々な種類の靴が存在します。

それぞれの靴はそれぞれの目的に合わせて作られています。

そのことを知った上で靴を選ぶこと、自分の足をケアすることが大切です。

今回は、靴についてまとめてみました。

足の役割

人間の足には3つの役割があります。

①ショックアブソーバー(衝撃吸収)
②効率的な推進力
③姿勢の保持

これらの役割ができなくなると身体への負担が増し、○○が痛い・凝るといった悩みが出てきます。

靴が足に及ぼす影響

靴を適切に選ばないと知らず知らずのうちに、足の役割を阻害しているかもしれません。

柔らかい靴は踵の傾きに影響を与える可能性があります。

また、つま先が極端に細い靴は外反母趾や内反尖趾の原因になります。

運動靴を選ぶときのポイント

専門的にはヒールカウンターと言います。

これは「固い素材」がオススメです。

踵が柔らかいと踵が内側に倒れて、足の役割を阻害してしまいます。

つま先

これは「靴の足先とつま先の形が合っていて1cmくらい余裕があるもの」がオススメです。

足先が極端に細い靴などは、自分の足先の形と見比べて選びましょう。

これは「足の甲に合わせて調節できる紐付き靴」がオススメです。

最近は靴紐がない靴がありますが、歩くたびに踵が靴から外れやすくなります。

靴の中で足が無駄に動くことになりそれを固定するため、趾(あしゆび)に 力が入ります。

その結果、指が曲がったままになるなどの弊害が出てきて足の役割の阻害に繋がります。

最後に

コンセプトがない靴は存在しないので、そのコンセプトを理解した上で正しく靴を利用しましょう。

ではまた!

 

-生活

Copyright© U & K 研究所 , 2019 All Rights Reserved.