U&K研究所へようこそ。ここでは美容・食・生活に関する様々なことを皆さんと共有できたらと思っています。覗いて見てください~(゜゜)/

U & K 研究所

生活

借りる前に知っておきたい居抜き物件の注意点

飲食店などのテナント募集で「居抜き」と表示されているケースがあります。

今回は、居抜きについてご紹介します。

居抜き物件とは?

居抜きとは、前に入っていたテナントの設備・家具・調度を残したまま売り渡したり貸すことを言います。

調理設備・椅子・テーブルなどの家具をはじめ、壁・天井の内装・カウンター・造り付けの棚などの造作が残っている物件です。

ちなみに設備が一切ない建物の躯体だけの状態をスケルトンと呼びます。

居抜き物件はスケルトン物件と比較すると設備や家具をそのまま使用できるため、コストが抑えられ開業までの時間を短縮することが可能です。

飲食店では高価な調理設備や排気ダクト工事が初期費用の多くを占めますがこれらの設備がそのまま使用できる状態であれば大幅な初期費用削減になります。

居抜き物件の注意点

賃貸設備には家賃の中にその使用料が含まれ、所有権はオーナーにあるので勝手に借主の判断で撤去・売却することはできません。

また故障したときの支払いは基本的にオーナー負担ですが契約時の特記事項などに記載がある場合、借主の負担で修理しなくてはいけません。

さらに全ての造作・設備・什器備品が買い取りの対象とは限りません。

家具・内装・設備が使用可能か、どのくらいの期間使用したか確認しましょう。

特に製氷機・冷蔵庫・厨房設備は高額なので故障すると想定外の費用が掛かってしまいます。

それと前に入っていたテナントの撤退理由を知っておくといいですね。

最も注意したいのが経営不振で撤退した場合です。

以前のテナントのイメージを引きずってしまうこともあるので業種や業態が似たお店を開業する場合は注意が必要です。

居抜き物件のメリットデメリット

メリット

すでにある設備等を使えるので初期費用が大幅に削減できること。

開業までの時間を短縮することが可能です。

デメリット

内装・設備が目的と合わないこと。

水回りである厨房やトイレの改装が難しい・引き継いだ設備が古く実際には使えないケースがあります。

新たに買い足す必要が出てくるため、結果的に造作譲渡料以外に造作工事費が発生してしまいます。

最後に

居抜き物件には注意すべき点も多いので安全に利用できるよう、しっかりとポイントを押さえて失敗のない物件選びをしましょう。

ではまた!

 

-生活

Copyright© U & K 研究所 , 2019 All Rights Reserved.