U&K研究所へようこそ。ここでは美容・食・生活に関する様々なことを皆さんと共有できたらと思っています。覗いて見てください~(゜゜)/

U & K 研究所

美容

ツヤ髪を叶えるドライヤー・ヘアアイロン・コテの使い方

シャンプーやトリートメントにこだわっていても、髪のパサつきが気になっていないですか?

もしかしたらドライヤー・ヘアアイロン・コテの使い方が間違っているから、ツヤ髪から遠ざかっているのかもしれません。

今回は、ツヤ髪を叶える使い方をご紹介します。

ドライヤー

タオルで押さえるように髪の水分を拭き取る

タオルでゴシゴシこすると、キューティクルが乱れて髪が傷んでしまいます。

髪の根元から毛先に向かって乾かす

髪は根元から乾かしていきます。

指で頭皮を撫でるようにして、ドライヤーの風を髪の根元に入れることで自然と中間や毛先まで乾いていきます。

先に毛先から乾かしてしまうと、根元を乾かしているうちに毛先がより乾いてしまい、パサつく原因になります。

髪の流れに沿ってドライヤーの風をを当てる

根元が乾いてきたら、次は中間や毛先を乾かします。

ドライヤーを頭の上に持ち上げて、髪の流れに沿わせるように上から下へ風を当てていきます。

そうすることでツヤが出やすくなり、まとまりもよくなります。

ドライヤーと頭を10cm以上離す

ドライヤーと頭の距離が近いと頭皮が熱くなり、髪に余計なダメージを与えてしまいします。

一箇所に集中して乾かすこともNG。

ドライヤーと頭を10cm以上離して左右に振りながら乾かしましょう。

そうすることで頭皮が熱くならず、一箇所に集中せず乾かすことができます。

必要以上に乾かす

生乾きはダメと言われますが、だからといって乾かしすぎもよくありません。

オーバードライになると髪にダメージが蓄積され、見た目にも影響します。

毛先は8~9割くらい乾かせばOKで、頭皮から乾かすことが大切です。

最後に冷風を当てる

髪が乾いたら冷風に切り替え全体に当てて、髪にツヤとハリを出しましょう。

ヘアアイロン・コテ

髪を完全に乾かす

髪が少しでも濡れていると、蒸気が出て髪は傷みやすくなります。

ヘアブラシで髪をとかしてから当てる

髪が少しでも絡まった状態でヘアアイロンやコテを当てると、断毛に繋がります。

手ぐしではなく、ヘアブラシでとかしてから当てるように!

毛先に厚みを出す

毛先が軽くなりすぎていると、髪に直接熱が当たるので傷みやすくなります。

ヘアアイロンやコテを毎日使う人は毛先に重さを出し、熱を分散させることをオススメします。

ヘアスプレーを全体に吹きかける

ヘアスプレーは髪をコーティングして、コテの熱から守ってくれます。

また、滑りをよくする効果もあり余計な摩擦が起きないので、髪を傷めず巻くことができます。

コテを使う前の乾いた髪にオイルをつけると、髪を傷める可能性があります。

最後に

ツヤ髪は誰でも憧れるもの。シャンプーやトリートメントの効果を高めるためにも、ドライヤー・ヘアアイロン・コテの使い方を見直してみてはいかがでしょう。

ではまた!

 

-美容

Copyright© U & K 研究所 , 2019 All Rights Reserved.